【練馬区】雨漏り屋根工事・ベランダ工事にかかる期間は?雨漏りの原因と応急処置方法

雨漏りは、何らかの原因で家の内部に雨が侵入してしまうトラブルです。

本来なら家の内部にまで入ってくるはずのない雨が入ってきてしまうと、躯体にダメージを与えてしまいます。

こちらでは、屋根の雨漏りが起こる原因と応急処置方法をご紹介いたします。

練馬区で雨漏り屋根工事をお考えでしたら、どんなに小さな工事も承る株式会社 杉本板金工業へご相談ください。雨漏りは長期間放置していると危険なため、早めに対処することが大切です。

屋根の雨漏り4つの原因

4 causes of roof leakage

屋根の雨漏りが起こる原因は、主に4つです。

屋根の経年劣化

屋根材にはそれぞれ寿命があります。寿命を超えてもそのまま使っていると、雨漏りするようになってしまうのです。

金属屋根は傷や経年劣化でサビが発生し穴が開きます。

また、スレートも経年劣化によって防水機能がなくなります。

屋根材の中で瓦は比較的経年劣化しづらいものですが、固定している漆喰の風化によって崩れることが多いです。

屋根材の割れ・ズレ・浮き

雨漏りの原因として多いのは、屋根材の割れ・ズレ・浮きです。

瓦屋根はズレと割れが発生しやすく、隙間から雨水が入り雨漏りを引き起こします。

また、スレート屋根の場合は風でめくれ上がって浮きが発生しやすく、雨水が入りやすいです。

棟板金の浮き・はがれ

経年劣化や強風などによって棟板金が持ち上げられると、固定していたクギが緩み、浮き・はがれが発生します。

隙間ができるため、雨水の侵入によって雨漏りしてしまいます。

施工不良

建築時の施工不良により、雨漏りが起こることもあります。

例えば、スレート屋根の屋根材と屋根材が重なるところに隙間を作る作業「縁切り」。縁切りをしていないと雨水や水蒸気が逃げ場を失い、毛細管現象と呼ばれる水を吸い上げる現象が発生して雨漏りが起こります。

きちんと知識をもっていない業者が施工すると、不十分のままで仕上がってしまいます。施工不良による雨漏り被害も決して少なくありません。

練馬区の株式会社 杉本板金工業では、雨漏り屋根工事を行っています。雨漏りは屋根だけでなくベランダからも起こる可能性があるため、様々な原因を考えながら雨漏り修理をいたします。東京都練馬区で雨漏り屋根工事をご検討中なら、ぜひ株式会社 杉本板金工業へご相談ください。

長期間放置していると危険!雨漏りした際の応急処置

Danger if left unattended

雨漏りをしている期間が長いと、家に与えるダメージが大きくなります。早急に業者へ修理を依頼すべきですが、すぐに修理ができるかはわかりません。お客様の都合や業者の都合が合わず、施工までに期間が空いてしまう可能性も考えられます。

雨漏りを悪化させないためにも、施工までの期間は応急処置をしておきましょう。

室内が濡れないように雨水を受ける

雨水が落ちてきた場所をそのままにしておくと水浸しになり、屋根だけでなく室内にもダメージが及びます。まずは、バケツや鍋などの容器を置いて、床が濡れないようにしましょう。

その際、水しぶきによって床が濡れないように、容器の下には必ず雑巾・新聞・レジャーシートなどを敷いてください。

ブルーシートをかぶせる

ホームセンターで販売されているブルーシートで屋根全体をカバーします。

雨漏りが起こっている場所がわかればいいのですが、場所を特定するのはプロでも難しいです。ブルーシートなら雨漏り箇所を特定する必要はなく、屋根全体をしっかりとカバーできます。風で飛ばされないように、ブルーシートはテープなどで固定してください。

防水テープを貼る

雨漏りしている箇所がわかる場合は、防水テープがおすすめです。

まず雑巾で雨漏りしている部分を拭き、雨水の流れる方向の下流から上流に向けて、空気が入らないように防水テープを貼ります。

防水テープは広範囲に貼ると雨漏りの経路が変わり、ほかの場所から雨漏りします。原因となっている箇所だけに貼るようにしましょう。

ベランダからの雨漏りも、原因箇所が見つけられれば防水テープで応急処置できます。

コーキング材で埋める

コーキング材とコーキングガンで原因箇所の隙間を埋めることも、雨漏りの応急処置として有効な方法です。

原因箇所のほこりを拭き取り、コーキング剤がはみ出ないようにマスキングテープを周りに貼ります。さらに、コーキング剤の粘着力を高めるために、プライマーを塗布しておくとよいでしょう。

プライマーが乾いたらコーキングを塗ります。コーキング剤が乾く前にマスキングテープをはがし、乾いたら完成です。コーキング剤は、ベランダや外壁からの雨漏りにも効果的です。

雨漏りを長期間放置しておくと家の内部にまでダメージを与えるおそれがあるため、すぐに屋根工事できない場合は応急処置を施しましょう。

練馬区や周辺エリアで雨漏りの応急処置が必要な際は、株式会社 杉本板金工業へご連絡ください。急こう配などハシゴが掛けられない場合の対応は難しいですが、基本的には屋根の上に登って応急処置を施します。雨漏りによる屋根工事をご依頼いただいた際には、屋根が原因なのか、それともベランダや外壁などが原因となっているのか、雨漏り箇所を特定してお客様のご希望や状況に合わせたご提案をさせていただきます。練馬区周辺で雨漏り屋根工事を行うなら、ぜひ株式会社 杉本板金工業へお任せください。

雨漏りはベランダや外壁からも?雨漏り屋根工事は練馬区の株式会社 杉本板金工業へ

雨漏りしている箇所を素人が特定するのは難しいです。ベランダや外壁なら目で確認しやすいのですが、屋根となるとなかなか特定できません。万が一、天井にシミがあったり水が落ちてきたりしている場合は、すぐにご連絡ください。

練馬区の株式会社 杉本板金工業では、雨漏り屋根工事を請け負っております。東京都練馬区の雨漏り屋根工事の施工をはじめ、練馬区周辺からの屋根工事全般を承っています。ご連絡いただければ屋根からの雨漏りの応急処置にも対応しますので、小さなご相談でも気兼ねなくお問い合わせください。

練馬区で雨漏り屋根工事をお考えなら、株式会社 杉本板金工業へご相談ください!

会社名 株式会社杉本板金工業
代表者 杉本 亮
資本金 500万円
設立 2018年
住所 〒176-0002 東京都練馬区桜台2丁目17−16−103
TEL 03-5946-6760
お問い合わせ番号 0120-973-018
FAX 03-5946-6761
URL https://sugimotobankin.net/
事業内容
  • ・リフォーム工事
  • ・屋根工事
  • ・外壁工事
  • ・雨樋工事
一般工事業許可
  • 東京都知事許可(般-31)第150081号
  • (板金工事業)
加盟組合 東京都板金工業組合
取引銀行 西京信用金庫
PAGE TOP